読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オープンソースな医療情報

医療難民救済の為、主にオープンソースな医療の情報公開しています。リンクフリーです。

オープンソースな治療法 その6(イメージ療法)

今回はイメージ療法です。実際の医療現場で使われている有名な方法は

 

サイモントン療法でしょう。

 

ただし、サイモントン療法は欧米の人には有効なイメージが既に多く(ガンを攻撃するイメージなど)、発見されていますが、日本人に合うかどうか、やはり、その辺の工夫は必要でしょう。

 

日本人の元祖といえば、白隠禅師の
軟酥(なんそ)の法 - YouTubeだと思います。

 

イメージの治癒力というのは、非常に強力ですが、個人差も強く出る傾向があるようです。ただ、笠原療法のように、うまくイメージ出来ないものが最も、効果があるイメージである場合もあり、これも簡単に法則化出来ないようです。プラスイメージが良いかというと、これもそうとは限りません。そこで、一つの目安が筋力テストで、決定する事なのですが、これも一般の方は、真向法で試してみると良いと思います。具体的には、

 

1.まず、真向法をしてみて、一番、やりにくいポーズがどれくらい出来るか?を調べておきます。

2.次に何か、試したいイメージを浮かべます(1~3分くらいで良いと思います)。

3.もう一度、1で試した真向法のポーズを取ります。

4.やりやすく変化していたら、そのイメージが自分に合うイメージです(もちろん、目安ですが)。

5.いくつか、試してみて、最もやりやすくなったイメージを選択します。

ご意見、ご感想はこちら(メールフォーム)
まで